西焼津クリニック ベストトリム 書籍

経歴


■ 林 隆博/ハヤシ タカヒロ
医療法人社団青藍会 西焼津クリニック院長
有限会社 コンフォートライフ・コーポレーション 代表
静岡福祉大学非常勤講師
元日本アレルギー学会認定医

1960年3月生まれ。
1984年鳥取大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院小児科学教室に入局。
1985年より藤枝市立志太総合病院小児科で新生児医療に携わり、子どものアレルギー診療を開始。
1990年4月西焼津こどもクリニック院長に就任。
1998年、乳児へのビフィズス菌投与で、アレルギーが大幅に改善することを発見した。
ビフィズス菌とアシドフィルス菌を精製乾燥した投与法を確立し、2007年には「アトピー性皮膚炎を防ぐ保健食品」として特許取得。
2010年、そのノウハウを活かした乳酸菌食品「ベストトリム」を商品化し、多くのアレルギー患者の症状改善に貢献している。
2016年4月、診療科目に心療内科と精神科を加え、病院名称を西焼津クリニックに変更。
発達障害や精神疾患と腸内細菌の関連性の研究を続けている。
既刊書籍に『心のカルテ』(メディサイエンス社)、論文「子育ての脳科学」(CRNウェブサイト)がある。


書籍 ベストトリム 販売


アトピー・花粉症もスッキリ! アレルギーは腸から治す 書籍

アトピー・花粉症もスッキリ! アレルギーは腸から治す

内容紹介

 

不調の原因は、不健康な腸にあり
効能別 乳酸菌・ビフィズス菌の選び方も一挙公開

アトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー。
治療には薬が使われますが、思うほどの効果が得られなかったり、
薬をのむことに抵抗を感じる人も多いようです。
実は、こうしたアレルギー疾患は、「腸」と密接につながっています。
腸内環境が悪化することで免疫力が低下し、アレルギーを引き起こしているのです。
つまり、腸内環境を整えれば自ずとアレルギーを予防することができます。
「ビフィズス菌」「乳酸菌」という言葉を耳にしたり、健康によいという話を聞いたことがある人は多いと思います。
しかし、実際には何が身体にいいのか、何を選べばいいのかわからないという人も多いはずです。
本書では、20種類の乳酸菌・ビフィズス菌を紹介。
効能や、効果的な摂り方、期待できる効果などをわかりやすく紹介します。

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

 

アトピー性皮膚炎、花粉症、ぜんそく。アレルギーの原因は不健康な腸にあった。クスリは不要!乳酸菌、ビフィズス菌…etc.注目の「善玉菌」プロバイオティクスでアレルギーを撃退する!乳酸菌・ビフィズス菌は効果で選ぶ!自分に合う菌の選び方を徹底解説!善玉菌パワーは子どもや妊婦にも効果大!!

 

アマゾン販売ページはこちら

 

 

アマゾン ランキング1位 書籍 アレルギー


ベストトリムフルーツ味


ベストトリムフルーツ味 100個限定の約40%オフのセール開催中です!

賞味期限が12月末までとなりますので、お試し頂く初めての方は是非この機会お見逃しなく。

※大変お買い得品となり予定数無くなり次第セール終了となります。

 

一箱約1ヶ月分となりますので、

まとめ買いされるお客様はご家族等の人数で想定頂きお買い求めをおすすめいたします。

乳酸菌 サプリメント

ベストトリム乳酸菌 フルーツ味

 

アレルギー専門のドクターが考えた「子供用乳酸菌」
「ベストトリム」はこどもクリニックのドクターが考えた、

「子供用の乳酸菌」サプリメントです。

 

生後2か月の赤ちゃんから大人の方までお召し上がりいただけます。
ビフィズス菌と乳酸菌が入った健康補助食品です。

 

アマゾン販売ページはこちら

乳酸菌 ベストトリム
腸内環境 アトピー
腸内環境 アトピー

コンビトリム化粧品


コンビトリム アトピー化粧品

卸業者様募集

販売代理店 乳酸菌

簡単に始められる 小ロット 小さい仕入れ個数で対応させて頂きます。


千葉テレビ シャキット出演 アトピー性皮膚炎撲滅の志し



西焼津クリニックでは子どものアレルギー・アトピー性皮膚炎の 発病予防と撲滅に尽力しています。

古賀教授 LG21 林代表 ベストトリム

患者様からの嬉しいお声
患者様からの嬉しいお声

当院西焼津クリニックについて

皮膚科、心療内科、精神科 

※特にお子様のアトピー性皮膚炎などの

 アレルギーの病気を中心に診ています。

 

ホームページ

http://clinic.bz/

 

電話番号

054-626-0121

要電話予約

住所

静岡県焼津市

西焼津32番地の8

 

診療時間

月・火・水・金
午前9:00~12:00
午後13:00~17:00

メディア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々なニュース番組、新聞、

雑誌でのメディア出演

研究報告

 【環境衛生仮説】とアトピー性皮膚炎の乳幼児早期発病予防

 

 西焼津クリニック 院長 林 隆博

1996年(平成8年)以来当クリニックでは【衛生環境仮説】に基づいたアトピー性皮膚炎の乳幼児早期発病予防プログラムの開発に取り組み、1998年(平成10年)その成果を投稿したが、コントロールスタディーでないために科学的な根拠に乏しいとされ、殆ど顧みられることが無かった。アレルギー疾患の発病要素として【環境衛生仮説】が一般的に認められつつある今日、私の古いスタディーにも再発表の価値があると考えて本日の演題とした。

 

【環境衛生仮説】

 近年のアレルギー性疾患の増加の原因を出産と乳児期の衛生環境によるとする仮説。

 ・新生児は生来Th2細胞優位である。
 ・腸内細菌叢の発育遅延、エンドトキシンの低被曝によりTh1細胞の増加が遅れる。
 ・結果的にTh2細胞優勢のまま発育する事が近代のアレルギー性疾患増加の原因。

 Th1・Th2細胞を調節する環境刺激

 ・皮膚および腸管上皮のマクロファージがToll様受容体を介してTh1細胞Th2細胞に
  増殖刺激のシグナルを送っている。
 ・正常な皮膚腸管細菌叢はTh1細胞優位、真菌類の持続感染はTh2細胞優位に働く。
 ・環境中のエンドトキシンもTh1細胞優位に働いている可能性がある。
 ・他にTr細胞の発育遅延も関与の可能性。

 乳幼児のアレルギー発病起序

 ・腸内細菌叢発育遅延によるTh1誘導遅延。
 ・真菌類等の感染によるTh2増殖誘導刺激。
 ・ビタミンH不足による上皮バリアの脆弱化。
 ・上皮バリア機能崩壊と炎症拡大の悪循環。
 ・Th2細胞優位下で進入した異物の抗原化。
 ・抗原接触によるアレルギー性炎症の発生。
 ・Th2増殖により全身性アレルギーへ拡大。

 乳幼児のアレルギー病ブロック

 ・ハイリスク児へのビフィズス菌経口投与。
 ・皮膚腸管の真菌感染を早期確実に治療。
 ・上皮バリア機能改善の為ビタミンHを投与。
 ・抗アレルギー剤投与によるTh2細胞抑制。
 ・食餌抗原の増加防止に離乳食遅延指導。
 ・低糖類高繊維食による腸内環境の改善。
 ・適切な抗炎症治療による悪循環の遮断。